申し入れ・交渉

谷本知事の「餓死」発言問題を受け、申し入れを行いました

カテゴリー:

 憲法を生かす新しい県政をつくる石川県民の会(「県民の会」)の皆さんとともに、6月30日谷本知事の「餓死」発言問題で、深い反省と謝罪をもとめる申し入れを行いました。県民の会の清水巍(たかし)代表委員が申し入れ主旨を説明し、木村吉伸事務局長が竹沢淳一秘書課長に申し入れ文を手渡しました。

 「北朝鮮の核開発問題は、絶対に容認出来るものでないが、重要なことは軍事的対応の強調でなく、経済制裁の厳格化や外交的対話を通じて核開発を放棄させること」であり、「撤回したとは言え、知事発言は人道的にも重大であり、外交環境の悪化と緊張を生み出し国際紛争の要因にもなりかねないものであり、深く反省し謝罪すべき」と申し入れました。

 

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2013 - 2017 SATOU MASAYUKI All Right Reserved.